hosilabのブログ

インド占星術の個人研究ブログです。

ムリチュバーギャ(致命的な度数)

惑星が、各12の星座に在住する時、

ある特定の度数に位置すると、ムリチュバーギャ(致命的な度数)となります。

 

ムリチュバーギャの度数の30分前後も許容範囲とされるようですが、

ムリチュバーギャの度数に近いほど、象意は強くなります。

 

ムリチュバーギャの象意は主に、健康面に影響を与えるようです。

 

また、ムリチュバーギャに位置する惑星とコンジャクションしたり、アスペクトしている惑星にも悪影響を及ぼすようです。

 

また、ムリチュバーギャの惑星のアンタル・ダシャ―期、

ムリチュバーギャの惑星と絡んでいる(コンジャクションやアスペクト)惑星のアンタル・ダシャ―期にも、象意が発動するそうです。

惑星の友好と敵対

惑星は、その他の惑星に対して友好関係、敵対関係があります。

f:id:hosilab:20171015112133j:plain

 

友好関係の惑星が支配する星座に在住すると、居心地の良い状態です。

f:id:hosilab:20171015114043j:plain

 

敵対関係の惑星の支配する星座に在住すると、少し居づらいので、本来の力を発揮しづらくなるようです。

f:id:hosilab:20171015114054j:plain

 

惑星の定座とムーラトリコーナ

惑星が、自分の支配する星座に在住していることを定座と言います。

定座は、惑星にとって居心地の良い場所です。

 

f:id:hosilab:20171014105132j:plain

 

また、支配する星座のうち、惑星にとって特に居心地の良い方の星座と、その星座内で特定の度数域内に位置することをムーラトリコーナと言います。

 

*例外的に、月だけは、自分の支配星である蟹座ではなく、牡牛座の特定の度数域に位置する場合にムーラトリコーナになります。

 

f:id:hosilab:20171014112319j:plain

惑星の高揚と減退

惑星にも、根っから元気になれる位置と、なんだかやる気が出なくなる位置があるそうな。

そんな惑星の状態によって、人間の身体の状態や性質、大運などの流れが変わってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

惑星は、ある特定の星座に位置すると高揚(ウッチャ)します。

高揚すると、惑星の輝きが強まり、その惑星の性質が強く発揮されます。

 

高揚するには度数も大切です。

惑星の度数が、高揚の度数に近いほど強く輝きます。

また度数を過ぎると、その効果は弱まります。

 

f:id:hosilab:20171013173817j:plain 

*ラーフとケートゥはそれぞれ、ラーフが牡牛座、ケートゥが蠍座に位置する時、高揚するようです。

 

 

また、惑星は、ある特定の星座に位置すると減退(ニーチャ)します。

 

減退は、高揚する星座の180度真向いの星座に位置し、減退の度数に近いほど影響を受けます。

 

減退すると、惑星の輝きが弱められるので、各惑星の性質をうまく発揮できなくなります。

減退の度数を過ぎると、減退の力は弱まっていきます。

 

f:id:hosilab:20171013180118j:plain

 *ラーフは蠍座で減退。ケートゥは牡牛座で減退するそうです。

惑星のアスペクト

惑星は、在住しているハウスの他に、

在住しているハウスから数えて7番目のハウスにも影響を与えます。

これをアスペクト(またはインド占星術用語ではドリシュティ)と言います

 

f:id:hosilab:20171013160600j:plain

 どこかのハウスに惑星がない場合も、

そのハウスにアスペクトしている惑星があるかもしれません。

すると、アスペクトした惑星は、そのハウスに影響を及ぼしています。

 

アスペクトするのは、7番目のハウスですが、

火星と木星土星は、7番目のハウス以外にもアスペクトします。

これを特別アスペクトと言うそうです。

 

火星は、4、7、8番目のハウス

木星は、5、7、9番目のハウス

土星は、3、7、10番目のハウス

 

アスペクトします。

 

ホロスコープの星座配置と支配星

南インド式のホロスコープでは、12個の四角い部屋に、各12星座が右回りに配置されています。

12星座が配置される位置は、固定されているので移動することはありません。

 

それぞれの星座の部屋は、それぞれの星座の性質を帯びることになります。

 

f:id:hosilab:20171008125552j:plain

 
また各部屋には「支配星」というものがあります。
その部屋を支配している惑星のことです。
 
例えば、牡羊座の部屋を支配しているのは火星です。

火星は、牡羊座の他に、蠍座も支配しています。

 

支配星は、自分の支配する部屋に配置されるわけではありません。

惑星は常に移動しているので、人それぞれ生まれた場所と日時に、惑星がどういう位置にいたかで、12の部屋のどれかに在住することになります。

 

例えば、牡羊座支配星の火星が、あるホロスコープ上では、双子座の部屋に在住していたりします。

別の惑星の支配する部屋におじゃまする形になるのですが。

惑星にも相性があるので、各惑星にとって、居心地の良い部屋、居心地の良くない部屋があるようです。

 

惑星

インド占星術で使用する惑星は、

太陽、月

水星、金星、火星、木星土星

 

そして、実際にはない

ケートゥ(ドラゴンヘッド)とラーフ(ドラゴンテイル)です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

惑星には、それぞれ特徴があります。

 

太陽・・・父親、社会的、自分の使命など

月・・・母親、感情、潜在意識など

水星・・・コミュニケーション、知識、など

金星・・・美、恋愛、結婚、快楽など

火星・・・勢い、勇気、トラブルなど

木星・・・拡大、グル、幸福など

土星・・・制約、抑制、忍耐など

 

ケートゥとラーフは、180度の関係なので、真逆の性質になります。

ケートゥ(ドラゴンヘッド)・・・貪る、強い欲求など

ラーフ(ドラゴンテイル)・・・解脱、悟りなど